脂肪細胞の活性化

人体に蓄積されているぜい肉を活動エネルギーとして使ってしまうことが、肥満対策では欠かせません。脂肪を燃やすには、脂肪細胞の作用がとても重要です。脂肪細胞は人間の体内では2種類存在しているといいます。褐色脂肪細胞が脂肪を燃やす細胞で、白色脂肪細胞が脂肪を溜めこむ細胞です。体温を上げるために、褐色脂肪細胞は体脂肪を燃やす効果がある細胞です。たくさん食べても太らないという人は、褐色脂肪細胞の機能が遺伝的に活発である可能性があります。褐色脂肪細胞が熱をつくる機能が生来弱い人は、そのせいで基礎代謝が上がらないことがあります。褐色脂肪細胞は、乳児期が一番多く、成長するに従って減少し、40代に入るとガクッと少なくなります。年をとると急に痩せにくくなる原因は、褐色脂肪細胞が少なくなるからだといいます。もともと褐色脂肪細胞の数はとても少なくて、全脂肪細胞に対して1%程度しかありません。褐色脂肪細胞は肩甲骨や鎖骨に集中しており、体じゅうにある白色脂肪細胞とは違います。心臓に負荷がかかるので誰でもできるという方法ではありませんが、褐色脂肪細胞にシャワーで温水と冷水を交互にかける方法があります。白色脂肪細胞にしろ、褐色脂肪細胞にしろ、人間の体には重要な役割を担います。体内に蓄積された脂肪をくまなく追い出すには、食べ過ぎは防ぎ、白色脂肪細胞に余剰カロリーが送り込まれないようにしながら、脂肪細胞を刺激できる運動をすることです。脱毛サロン 人気